どうして歯が白くなるのか分かってますか?

医薬部外品の薬用オーラパール

審美歯科や美容歯科でホワイトニングするのはお金がかかるし、通うのも大変。ホームホワイトニングは家でできるけど面倒だし時間がかかる。

そこで気になるのが市販のホワイトニング歯磨き
歯をみがくだけで白くなれば、こんな楽なことはありません。

歯医者さんのオフィスホワイトニングやホームホワイトニングは、過酸化水素(過酸化尿素)で漂白します。
だったらこの過酸化水素の入ってる歯磨き粉を買えばいいのか!と思った人は正解。
でも…日本では過酸化水素・過酸化尿素を含む歯磨き粉の販売は薬事法により禁止されています。

え!?じゃあ売ってるホワイトニング歯磨きってなんなの??

そう思うのも当然。実は市販のホワイトニング歯磨き粉には、漂白成分が入ってないんです。

でも、歯が白くなったって書いてあるよ?

そもそも、歯が白くなるとは、どういうことでしょう?

茶碗の茶しぶで例えてみます。
・激落ち君(メラミンスポンジ)でよごれを削って白く→研磨剤の入った歯磨き粉
・TVショッピングのやたら落ちる食器用洗剤→薬用歯磨き剤 オーラパール
・キッチンハイターで汚れを漂白→歯医者さんによるホワイトニング

つまりは、汚れを削る汚れを落とす汚れを漂白するの3パターンありますよね。

コーヒー

コーヒーもステインの原因です

研磨剤は、歯の表面を傷つけてしまいます。漂白しなくても、ヤニなどの汚れを落としたら白くなります。つまりは、ステインなどの黒ずみがとれて、白くなった。ということなんです。

薬用のオーラパールは、医薬部外品です。薬事法で認められた効果効能として、「歯を白くする、歯周炎(歯槽膿漏)の予防、歯肉炎の予防、口臭の防止、口内を爽快にする」とあります。

マクロゴール400(ポリエチレングリコール)がステイン除去の効果がある清掃剤です。歯を白くする効果はあるけれど、それは漂白によるものではありません。

ヤニなどの黒ずみ、黄ばみが落ちてキレイになって、白くなったということです。

歯はもともとちょっと黄色いですよね。歯医者さんのホワイトニングは元よりも白くすることができますが、オーラパールでは、本来の歯の色よりも白くすることは不可能というわけです。

でも、オーラパールは他のホワイトニング歯磨きと違い、「薬用ハイドロキシアパタイト」が含まれています。これは、歯の再石灰化を促す成分です。黄ばみの原因にもなる「歯の表面の細かいキズ」を修復することができます。表面がツルツルになることで光の反射が整い、より綺麗な印象になります。

コーヒーや紅茶が大好きなヘビースモーカーの方なら、ステインが除去できるだけでもかなり見ちがえるでしょう。ワインもステインの原因ですね。

昔はもっと歯が白かったんだけどなあ…という方は、5万円~10万円かかる歯医者さんのホワイトニングをする前に、1,944円で試してみるのをオススメします。

薬局などでは売っていないので、とりあえず一度公式サイトをご覧ください。

オフィスホワイトニング後などの、白さを保つための定期的なケアとしてもおすすめです。