レモンを使った歯のホワイトニング

歯のホワイトニングの民間療法とでもいいましょうか、レモンと塩で歯が白くなるという話を聞いたことはないでしょうか。
結構有名な話のようで、インターネットで調べても、そういった内容のサイトを多く見つけることができます。

では、実際のところはどうなのでしょうか。
実際試した人によると、確かに歯を白くすることができるようです。
レモンの酸が歯の表面を溶かすことで、歯が白くなるというのがその原理です。
歯が白くなることは間違いないのですが、この方法は注意が必要です。
歯の表面はエナメル質という物質でできています。
エナメル質は歯を守る役割を果たしています。
レモンと塩を使ったホワイトニングは、エナメル質を溶かすので、白くはなるのですが、エナメル質を破壊していることにもなります。
従って、あまりやりすぎると、歯を弱くし、虫歯などになりやすくなると言われています。
せっかく白く、きれいな歯になったのに、そのせいで虫歯などになっては元も子もありません。歯科医に行くのが一番でしょう。

重曹は効果的な方法か?
重曹歯磨きがいいというのも聞いたことがあるでしょう。歯を白くするのに効果的なのでしょうか?

近頃のドラッグストアでは重曹入りの歯磨き粉が売られていることもあるので、その効果にはかなり期待ができるでしょう。
研磨効果で歯がツルツルになるのはもちろん、脱臭・殺菌効果で口臭対策にもなります。
アルカリ性である重曹は、口内で虫歯の原因となる酸を中和し、虫歯予防になると言われています。
また、塩と同じように歯茎を引き締める効果も持ち合わせています。

これだけ見ても良い所しかないように見えますが、欠点ももちろんあります。
磨きすぎると歯が削れてしまう恐れがあること、味になかなか慣れないこと(しょっぱい…)、白くなる効果が目に見えてわかるようになるまで時間がかかること、といったところです。

歯自体が漂白されるというよりも、ヤニやステインなどが落ちると考えてください。
ただ、歯が研磨されるのはよくないですし、重曹は歯磨きのためのものではないので、できれば市販の専用の歯磨き粉を使いましょう。

歯科医もおすすめ >>昔は、もう少し歯が白かったという人へ