妊娠中にホワイトニングしても大丈夫?

妊娠中にホワイトニングしても大丈夫なのかという相談は結構多くあります。
妊娠は1、2ヶ月は気づかないことがほとんどです。気づかずにホワイトニングしていて、ある日妊娠していることが分かったら、やはり心配になるでしょう。結婚式に備えて歯を白くしたいという女性に多いようです。

指針では、妊娠中のホワイトニングは禁止となっています。
しかし、これは危険があるからとか、ホワイトニングによって胎児に影響があることが分かっているからではありません。妊娠時の影響が分かっていないために禁止とされているものです。
胎児への影響などは、直接調べる方法がなく、確認しようがないようです。また、これまでに明確な事故例も報告されていません。
安全性を確約はできませんが、危険だと断言することもできないのです。
妊娠に気づかずホワイトニングをしてしまった人は少なくありません。どうなるんだろうと不安になるでしょうが、それは気にする必要はないでしょう。

気にしすぎてストレスになる方が、赤ちゃんにとっては良くないかも知れません。

また実際に妊婦に対しても行なっている歯科医院もあるようです。
とはいえ、妊娠がわかってからはホワイトニングは行わないようにしたほうが安心ですよね。

授乳中は?

授乳中にホワイトニングしても大丈夫かという質問は、ホワイトニングに関する相談でよくあるものの一つです。
結論から言うと、授乳中のホワイトニング避けなければならないということになっています。

母乳に危険な物質が混入するとか、はっきりとした理由がある訳ではありません。
むしろ、まだホワイトニングによる授乳における影響が確認されていないので安全かどうかが確約できないというのがその理由です。
危ないから禁止という訳ではなく、わからないから控えておいてくださいというスタンスです。
ですから、もし、既に授乳中なのにホワイトニングしてしまったという人も深刻になる必要はありません。すぐに何らかの影響が出ることはないでしょう。
ただし、今後は控えるようにしてください。
どうしてもと言う場合は、施術後少なくとも1日空けてから授乳するようにしてください。母乳と人工乳とをうまく組み合わせて授乳するようにしてください。

心配な人は?

即効性はありませんが、美白成分を含んだ歯磨き粉があります。
日本で市販されているものであれば、過酸化水素や過酸化尿素などの強い成分は含まれていないので、安心して使えます。
人気があるのは、こちらの歯磨き粉です。↓

歯科医もおすすめ >>昔は、もう少し歯が白かったという人へ