歯が痛い原因(虫歯以外)

まずは、虫歯で歯が痛くなるメカニズムを解説します。
虫歯の進行がエナメル質だけでなく、その奥の象牙質まで進むと、そのさらに奥の神経が刺激されやすい状態に。
冷たい水などを飲むと顕著に痛みます。

象牙質も貫通すると、その奥の神経や血管の通っている歯髄(しずい)へと…
炎症が起きて、強く痛みを感じます。

虫歯以外で代表的な歯の痛みは、知覚過敏。象牙質知覚過敏症です。
これは歯周病などで歯茎が下がってしまうと、象牙質が顔を出しておこります。
酸蝕歯(さんしょくし)という、歯のエナメル質が酸性の食べ物・飲み物などによって溶かされるのも原因のひとつ。

他には、
・歯髄炎という神経の炎症
・外傷などによる歯の破損
・かみ合わせの悪さによる咬合性外傷
・歯の根の病気である根尖病変・根尖病巣
・その歯とは関係ない別の箇所からの関連痛

などが考えられます。

どうして歯に穴が空くのか?
虫歯菌が、槍を持って歯をガンガンと突っつく!そんな絵本がよくありますが、実際はなぜ穴が空くのでしょうか?
虫歯菌が歯をかじったりするのではありません。

虫歯菌が食べカスなどのエサを食べたときに、酸を出すのが原因。
口の中が酸性になって、歯のエナメル質のカルシウムとリン酸が溶け出します。これを脱灰といいます。
ずっと溶け続けるのではなく、唾液などによって中性に戻ります。
脱灰が止まって、唾液の中のカルシウムやリン酸が脱灰したところに付着します。これを再石灰化といいます。

歯が溶けて戻ってを繰り返していると言うことです。
口の中が清潔にケアされていれば、きちんと再石灰化するので虫歯にはなりませんが、虫歯菌が多いと問題です。
ネバネバの細菌のかたまりのバイオフィルムが、唾液による再石灰化を妨害してしまうからです。

口内に虫歯菌を増やさないために、正しいブラッシングなどのケアが大切なんですね。

歯科医もおすすめ >>昔は、もう少し歯が白かったという人へ